札幌の回転寿しは水産基地にある水産加工会社系列のお店が多い

回転寿し

札幌の回転寿しで食べる時のマナー

札幌の回転寿しは新鮮な魚を使用している店舗が多いので本格的な寿司を食べているような気分になります。それによりすごく人気があって混雑している事もよくあります。混雑している時は他の客に迷惑にならないようにマナーをしっかり守る事が大切になってきます。そこで札幌の回転寿しで食べる時のマナーについて見ていく事にしましょう。
・一度取った皿は戻さない。札幌の回転寿しで寿司を食べる時は最初にレーンで運ばれてくる皿を取りますが、人によっては取った後にすぐ戻してしまう事があります。一度取った皿を戻している所を他の客も見ていると誰もその皿を取らなくなってしまいます。また衛生面でも問題になるので一度取った皿は戻さないようにしましょう。
・レーンに体を向けて会話をしない。会話をしている時にレーンに体を向けてしまうと唾液が寿司の混入してしまう事があるので衛生面で問題が出てきてしまいます。他の客にも迷惑がかかるので会話をする時はレーンに体を向けないようにしましょう。
・周囲の客にも気を遣う。隣の席の子供がいる時に子供が好きそうな寿司が乗っている皿を取ってしまうと子供が食べれなくなってしまいます。隣の客の状況を見ながら皿を取るようにする必要もあります。

札幌の回転寿しのレベルが高いのはなぜ

回転寿しといえば、すでに知らない人がいないほどメジャーな存在になっています。高級なイメージが強かったお寿司をリーズナブルに楽しむことができるようにしたのは、回転寿しのおかげと言っていいでしょう。その代わりと言っていいのですがリーズナブルに楽しめる回転寿しは通常の寿司店と比べると品質やレベルに差があることも事実でした。しかし、それは札幌の回転寿しを除いてと言っていいのかもしれません。それほど札幌の回転寿しのレベルは高いという評判を取っているのです。ではなぜ、札幌の回転寿しがそれほどレベルが高いという評判を取っているのでしょうか。
もともと、北海道では食べ物が美味しいというのはほとんどの人が知っている事実です。北海道の食べ物はなんでも美味しいという評判がありますが、特にレベルの高いのが海鮮関連の食べ物です。そして、その美味しい北海道の海鮮類が集まってくるのが、北海道最大の都市の札幌ということなのです。特に口コミなどで評判の高い札幌の回転寿し店ではこのお寿司が本当にこの値段で食べることができるのかというようなレベルのお寿司が回転寿しとして提供されています。疑うなら一度札幌の回転寿しを食べてみてはどうでしょうか。

札幌の回転寿しは全ての面で一級品

札幌市内には回転寿し店が数多くあります。市内の中心部ではデパートや飲食店ビルにテナントとして入店している場合が多いのですが、やはり特徴は郊外での出店が多いことです。札幌では回転寿しが広く浸透しているため、家族で出かけるケースが多く、駐車場が完備された店舗が必須条件です。
釧路、根室、網走など水産基地にある水産加工会社系列の回転寿し店が多く、ネタは産地から直送されるため鮮度は抜群です。また、一般の寿司店とは異なり卸売り会社経由での入荷では無く産地からのダイレクトなので、その分コストが省かれて価格にも反映できるというメリットがあります。東京や関西方面では滅多に食することが出来ない、ニシン、メフン、タラのタチといった珍しい食材も寿司ネタになっており、観光客から人気を集めています。
また、札幌の回転寿し店で驚くのはネタの大きさで、シャリが見えないほどマグロ、サーモン、イカ、タコ、ハマチなどが思いっきり大きく乗っています。サーモンやマグロ、イカなどは一皿100円台の店も多く、ご家族連れでも会計をそれほど気にすること無く皿を手にする事ができます。新鮮なネタ以外でもマヨネーズ入りのイカ、エビ、カニ寿司などお子さんに人気がある寿司も揃っています。

Choices

News