札幌の回転寿しは水産基地にある水産加工会社系列のお店が多い

回転寿し

高級なネタもリーズナブル

回転寿しと言えば100円から楽しめてリーズナブルなイメージが強いと思いますが、北海道の回転寿しはそれに「素材のクオリティーの高さ」が加わります。江戸前のお寿司は、素材をいかに活かすかを考えて工夫されており、酢でシメたり、茹でてツメを塗ったりと職人の技術が光るネタが魅力的。
しかし、北海道の寿司ネタの素材は獲れたて新鮮なので、手を加えなくともそのままで美味しい。むしろ、そのままでいただきたい、と思えるネタが魅力なのです。例えば、ホッキ貝やサンマ、時期によってはホッケやシシャモまで…お寿司屋さんで食べられるとは到底思えないようなネタもたくさんあってワクワクします。
しかもそれが回転寿し屋さんで食べられてしまうというのが驚き。そして、北海道民にとっては常識なのですが、回転寿しで回っているお皿は取りません。中にいる板前さんに直接注文して握ってもらうのです。そう、回転寿しであって回転寿しじゃない、普通のお寿司屋さんと変わらない、というのが北海道の回転寿しの特徴です。
それでいて値段はリーズナブル。嬉しい限りです。高級なネタも、例えばウニなんかは1皿2かんで500円前後で食べられますし、活ホタテだって300円ほどで食べられます。同じ予算でも高級なネタをいっぱい食べられる。それが北海道の回転寿しの魅力です。

Choices

News